緑の森皮膚科クリニック 011-221-0002
 緑の森皮フ科クリニック  > デルマトロン
デルマトロン
デルマトロンとは?
高周波と低周波の間の周波となる中周波の微弱電流によって、表皮の表面約0.1mm程度の部分を軽く焼いて除去し、新しい皮膚を再生させる治療法。
治療対象となる小さなイボは皮膚の極めて外側の部分で起こっている為、この治療が有効と考えられます。

治療から2〜3日後には薄い膜状のかさぶたができ、1〜2週間程度で皮膚が再生され、かさぶたが自然に剥がれ落ちると同時に、新しい皮膚が表われます。
レーザ−に比べて施術面が小さく、盛り上がったシミや小さなイボ、スキンタッグ(※)などの治療に適しております。
※ スキンタッグ=首のまわりにたくさんできるイボ。糸状線維腫ともよばれます。


デルマトロンの中周波は基底層よりも浅い部分に作用する為、治療後の炎症後色素沈着や傷跡、赤味、皮膚へのダメージなどがレーザーに比べ少ないです。

デルマトロン

※美容に関する診療は自費診療となります。

 緑の森皮フ科クリニック
札幌市中央区北2条西3丁目 朝日生命札幌ビル5F
Copyright (C) ryokuseikai. All Rights Reserved.
医療法人社団緑生会サイトマップ