北海道札幌市中央区、緑の森皮膚科クリニック。最先端のレーザーを使用した「ルートロトーニング」などによる、肝斑治療を行っております。
緑の森皮膚科クリニック 011-221-0002
一般皮膚科
美容皮膚科
メディカル痩身
クリニック紹介
地図・診療受付時間
皮膚の病気Q&A
メディア情報
緑の森皮膚科クリニック > オーダーメイド肝斑治療 
肝斑とは
肝斑は思春期以降の女子に見られ、また妊娠後半期に出現する例が多く見られます。
頬・額・鼻下髭型など、左右対称にみられる、均一な色調の褐色斑です。
比較的、境界が鮮明で、地図状の不規則な形を呈します。 男性に発症する例もあります。

肝斑イメージ

原因

  • 女性ホルモンとの関係で出現する例が少なくありません。
    妊娠や出産後、ピルの長期間服用、更年期、子宮・卵巣疾患があって発生するなど、ホルモンとの関係が考えられます。月経時に濃くなることもしばしばです。

  • 自律神経失調が発生と悪化の大きな役割をするケースもあり、環境的に精神的ストレスが続いたりする場合、シミの細胞と神経細胞が構造的によく似ているためシミを濃くします。

  • 日焼けの蓄積による発生

  • 化粧品の油分や色素焼け、炎症後の色素沈着、お手入れ(特にダブル洗顔)の不足による皮膚生理機能の低下、摩擦(こする)行為、かぶれによる炎症後にも肝斑様の色素沈着がみられます。


日常の注意点

  • 疲労や寝不足、ストレスなどを避け、ビタミンを多く取るよう心掛けて下さい。
    しかし、ソラレン(光毒性物質)を含むパセリ・セロリ・レタス・三つ葉・レモンの皮などは摂り過ぎないように注意してください。

  • 精神安定剤、降圧剤、鎮痛剤、抗生物質、ピル、胃薬などの内服にも注意が必要です。

  • 洗顔やスキンケア、メイクのときなどに肌を擦らないこと。

  • 日焼け止め(SPF30以上、PA++以上)は必ずつけるようにしてください。
    特に夏場は日傘やツバの広い帽子などを着用し、紫外線を避けることが必要です。

  • 保湿をしっかりして新陳代謝を高め、肌のターンオーバーを正常にしましよう。

  • 「シミ」があることで精神的ストレスが発生し、それにより色素が濃くなることもありますので、イライラしないことが大切です。

緑の森皮フ科クリニックでは、難治性の高い“肝斑”に対する治療を行っております。

肝斑の発症は、人それぞれです。最も多いケースは老人性のシミやソバカスとの混在ですが、太田母斑(アザ)や赤ら顔(毛細血管拡張症)と混在しているケースもあります。そして発症する部位も異なります。
その為、“肝斑”治療には、その人に合ったプログラムで効果的なアプローチが重要なのです。
当院で行っている治療は、いずれもダウンタイムが少なく、即日にメイクをして帰宅することができます。
 
フォトセラピー

フォトセラピー(フォトフェイシャル)

IPLという幅広い光の技術を用いて行う治療法。
特殊なフィルターにより、体液や血液に吸収されやすくお肌にダメージを与える波長をカットするため、肝斑に関与するメラニンの低減に有効な波長を効果的に照射します。
この治療は、お顔全体に照射するため肝斑だけではなく、シミやソバカス、赤ら顔なども同時に改善します。また、老化を少しでも遅らせたいとお考えの方には、スキンケアの一環として続けることもおすすめです。
さらに詳しく
境界線
ルートロトーニング

ルートロトーニング

QスイッチYAGレーザーSPECTRA【スペクトラ】は安定性に優れ、洗練されたビームプロファイルを持っています。
スペクトラによるトーニング照射は、肝斑部位のメラニン色素だけを選択的に破壊する肝斑治療法です。
さらに詳しく
境界線

ケミカルピーリング

薬剤(ケミカル)を使い、皮膚の修復能力を活用して新陳代謝を促進させ、肌を新しく柔らかに生まれ変わらせます。 2つのフルーツ酸(グリコール酸、乳酸)を使用した、ダブルピーリングです。
さらに詳しく
境界線
イオン導入

トラネキサム酸イオン導入

微弱な電流を流すことによって、皮膚の帯電バランスを崩し、普通は通過することのできない皮下のバリアゾーンを弱めてイオン化された導入液を皮膚全体に浸透させます。

<主な導入液>
  • トラネキサム酸
    薬用効果で美白作用を高め、バリア機能を整え、肌荒れのない美しい素肌へ導きます。
  • ビタミンC
    メラニンの生成を防ぎながら、できてしまったメラニン色素を還元。シミを薄くします。
  • プラセンタ
    皮膚のターンオーバーを整え新陳代謝を促進。メラニンを含む古い角質の排出を助けます。

さらに詳しく
境界線
点滴療法

点滴療法

有効成分を直接静脈内に注入すると、栄養成分が消化器官で酵素変換などの影響を受けないため、吸収が非常に高いと考えられ、高い血中濃度が得られます。
そのため、経口投与(飲む)では得られない即効性と高い効果が期待できます。

<主な有効成分>
  • ビタミンC
    シミ、ソバカスに直接働きかけ、色素沈着を除去、美白を促します。
  • トラネキサム酸
    シミや色素沈着部位に働きかけ、メラニン量を減少させます。
  • ビオチン
    皮膚のビタミンといわれ、総合的に皮膚機能を高め、皮膚を美肌に保ちます。
  • グルタチオン
    肝斑や各種色素沈着のメラニンを減少させる働きがあります。
  • 強力ミノファーゲンC
    Lシステインはメラニンの過剰な生成を抑制して、皮膚の新陳代謝を促進し、シミ・ソバカス・その他色素沈着の改善に有効です。

さらに詳しく
境界線

内服療法

  • シナール(ビタミンC)+トランサミン(トラネキサム酸)などの処方
    ※トラネキサム酸の処方は、コレステロールが高値の方や高脂血症・心筋梗塞・脳梗塞の既往のある方については、医師との相談が必要です。
  • 漢方薬の処方
  • サプリメント療法
境界線

ホームケア(化粧品)

お肌の状態や症状に合わせて、最適なホームケア製品をご案内いたします。

※美容に関する診療は自費診療となります。

緑の森皮フ科クリニック
札幌市中央区北2条西3丁目 朝日生命札幌ビル5F
Copycenter (C) ryokuseikai. All centers Reserved.
医療法人社団緑生会サイトマップ