<札幌市中央区・大通>フォトフェイシャルやレーザーなどの最新機器を使用した美肌治療やアトピー性皮膚炎、水虫、イボ、ホクロ、薄毛治療など幅広く診療している皮膚科・美容皮膚科です。
緑の森皮膚科クリニック 011-221-0002
一般皮膚科
美容皮膚科
メディカル痩身
クリニック紹介
地図・診療受付時間
皮膚の病気Q&A
メディア情報
 緑の森皮フ科クリニック > レーザーフォトセラピー(フォトフェイシャルファーストm22+エリプスフレックスI2PL+レーザー治療)
レーザーフォトセラピー

光治療器、フォトフェイシャルファーストm22とエリプスフレックスI2PL+(プラス)
この2機種をベースにした治療プログラム【フォトセラピー】に、さらに複数のレーザー治療を組み合わせて行うのが、緑の森皮フ科クリニックオリジナルの総合美肌治療、
レーザーフォトセラピー】です。

多種の機械を使用することで、1人ひとりの症状やお悩み、肌質などに応じた、きめ細やかな治療が可能となりました。

フォトセラピー
シミ、ソバカス、肝斑、くすみ、赤ら顔、血管拡張、ニキビ跡の赤み、毛穴の開き、小ジワなどのお肌のお悩み。それらを解決してくれるのが、光の技術を用いておこなう最新の治療法、フォトセラピーです。
使用するのはフォトフェイシャルファーストm22とエリプスフレックスI2PL+(プラス)の二つの機器。治療用のヘッドは合わせて9種類あり、それぞれに効果が異なります。
光の技術を取り入れたこれらの機械を使い分けることで、治療効果が期待できます。

適応
シミ、ソバカス、肝斑、くすみ、赤ら顔、血管拡張、ニキビ跡の赤み、毛穴の開き、小ジワなど

IPL写真 フォトフェイシャルファーストm22

幅広い波長を持つIPLといわれる光を用いてお肌を美しく導きます。
この光が、肌トラブルの原因となるターゲット(メラニンやヘモグロビン)に選択的に吸収されることによって、光のエネルギーが熱に変わり、ターゲットのみにダメージを与えます。

症状に合わせて光の波長が異なる治療用ヘッドを6種類揃えております。



I2PL写真

エリプスフレックスI2PL+

I2PL(Intense Dual Pulsed Light)方式を採用。
デュアルモードフィルターが体液や血液に吸収されやすくお肌にダメージを与える波長をカットし、メラニン(シミ、ソバカスなどの症状)やヘモグロビン(ニキビ赤ら顔などの症状)の低減に有効な波長を照射します。

症状に合わせて光の波長が異なる治療用
ヘッドを3種類揃えております。

関連ページ(別ページで開きます)
コンビネーションフォトセラピー フォトフェイシャルファーストm22
PLUS
レーザー治療
Vビームレーザー

赤い色素に反応し、血管拡張や赤ら顔、赤アザなどの改善に非常に効果的です。またレーザ−出力の調整をすることによって小ジワなどにも効果的に働きかけます。

適応
赤ら顔、血管拡張、ニキビ跡の赤み、血管腫、酒さ

詳しくはVビームレーザ−のページをごらんください。


スペクトラ(QスイッチYAGレーザー)

Qスイッチヤグレーザーとしての532nm(KTPレーザー)と1064nm(Ndヤグレーザー)の2種類のショートパルス(短波長)だけではなく、ms単位のロングパルスのレーザーも搭載しているため、しみ治療からかんぱん(肝斑)、ダウンタイムのない若返り治療まで、幅広い患者様のニーズに応じた治療を行うことが出来ます。

適応
シミ、肝斑、毛穴、小ジワ

詳しくはQスイッチYAGレーザー(マックスピール)のページをごらんください。


※美容に関する診療は自費診療となります。

緑の森皮フ科クリニック
札幌市中央区北2条西3丁目 朝日生命札幌ビル5F
Copycenter (C) ryokuseikai. All centers Reserved.
医療法人社団緑生会サイトマップ