緑の森皮膚科クリニック 011-221-0002
一般皮膚科
美容皮膚科
メディカル痩身
クリニック紹介
地図・診療受付時間
皮膚の病気について
メディア情報
緑の森皮フ科クリニック > 診療案内 > 一般皮フ科診療 > 毛細血管拡張症


破線

毛細血管拡張症

通常は皮膚の表面から見えない程度の太さである毛細血管が、何らかの原因で拡張して太くなったために皮膚表面から透けて見えてしまう症状です。
血管が1本1本見えるタイプと、頬全体が赤いタイプに大別されます。
破線

治療法

Vビームレーザ−
赤い色素に反応し、赤アザや血管拡張、赤ら顔のほか出力を調整することによって小ジワに効果的。肌へのダメージがほとんどありません。
フォトフェイシャルファーストm22 フォトフェイシャルファーストm22
異なる6種類の光(波長)を使用した、オーダーメイドの光による、光のスキンケア。
シミ、そばかす、肝斑、赤ら顔、血管拡張、毛穴、小ジワ、くすみなどのお悩みの改善の他、コラーゲン増生による内側から若々しい素肌へ導く効果も期待できます。
エリプスフレックスI2PL エリプスフレックスI2PL+
I2PL(Intense2 Pulus Light)方式を採用。
デュアルモードフィルターが体液や血液に吸収されやすくお肌にダメージを与える波長をカットし、メラニン(しみ、ソバカスなどの症状)やヘモグロビン(赤ら顔、ニキビ跡の赤みなどの症状)の低減に有効な波長を効果的に照射します。
フォトセラピー フォトセラピー <組み合わせ治療>
光治療器「フォトフェイシャルファーストm22」と「エリプスフレックスI2PL+」の2つの光治療機器を使用して効果を高めます。
※美容に関する診療は自費診療となります。
破線

緑の森皮フ科クリニック
札幌市中央区北2条西3丁目 朝日生命札幌ビル5F
Copycenter (C) ryokuseikai. All centers Reserved.
医療法人社団緑生会サイトマップ