緑の森皮膚科クリニック 011-221-0002
一般皮膚科
美容皮膚科
メディカル痩身
クリニック紹介
地図・診療受付時間
皮膚の病気について
メディア情報
緑の森皮フ科クリニック > 診療案内 > しみ治療(老人性色素斑・肝斑・太田母斑・そばかすなど)


破線

しみ治療

しみには老人性色素斑・肝斑(かんぱん)・太田母斑・そばかす(雀卵斑)・扁平母斑・色素沈着など20以上もの種類があり、これらは原因も治療法も異なります。
そのため、しみの種類や治療法などは自己診断せずに、専門医の診察を受診することが大切です。

当院ではフォトフェイシャルなどの光治療やレーザー治療、ピーリングなど様々な治療法を取り揃えており、患者様の症状や肌質に合わせて効果的な治療法をご提案させていただいております。

かんぱん治療について
破線
治療法
破線
フォトフェイシャルファーストm22 フォトフェイシャルファーストm22
異なる6種類の光(波長)を使用した、オーダーメイドの光による、光のスキンケア。
シミ、そばかす、肝斑、赤ら顔、血管拡張、毛穴、小ジワ、くすみなどのお悩みの改善の他、コラーゲン増生による内側から若々しい素肌へ導く効果も期待できます。
エリプスフレックスI2PL エリプスフレックスI2PL+
I2PL(Intense2 Pulus Light)方式を採用。
デュアルモードフィルターが体液や血液に吸収されやすくお肌にダメージを与える波長をカットし、メラニン(しみ、ソバカスなどの症状)やヘモグロビン(赤ら顔、ニキビ跡の赤みなどの症状)の低減に有効な波長を効果的に照射します。


フォトセラピー フォトセラピー <組み合わせ治療>
光治療器「フォトフェイシャルファーストm22」と「エリプスフレックスI2PL+」の2つの光治療機器を使用して効果を高めます。
レーザーフォトセラピー レーザーフォトセラピー <組み合わせ治療>
上記フォトセラピーをベースにして、複数のレーザー治療を組み合わせて行う、緑の森皮フ科クリニックオリジナルの総合美肌治療。
マックスピール ルートロ トーニング(スペクトラ)
ルートロニック社製QスイッチYAGレーザ。
安定性に優れ、洗練されたビームプロファイルを持っており、肝斑部位のメラニン色素だけを選択的に破壊する肝斑治療法です。
肝斑治療と同時に肌の色ムラを改善し、ハリのあるお肌へと自然に導きます。
デルマトロン デルマトロン
中周波域の微弱電流によって表皮を軽く焼いて除去し、新しい皮膚を再生することにより、効果が得られる治療法。
Qスイッチルビーレーザー Qスイッチルビーレーザー
正常な皮膚や血管にはダメージを与えずにメラニンなどの色素のみに反応してしみなどを除去。治療後1週間から10日くらいでかさぶたがとれると同時にしみなどの色素も改善されていきます。
ケミカルピーリング ケミカルピーリング
AHA(アルファヒドロキシ酸)という酸を使用して角質の一部を除去し、皮膚の持っている修復力を活用する技術です。肌の表面が滑らかになり、新陳代謝も活発に なります。
ニキビ・ニキビ跡・シワ・くすみ・しみ・毛穴の汚れに効果的です。
イオン導入 イオン導入
弱い直流電流を流すことによって皮膚の帯電バランスを崩し、普通は通過することのできない皮下のバリアゾーンを弱めて、イオン化された導入液を皮膚下に浸透させようとするものです。
ニキビ、黒ニキビ、ニキビ跡、しみ、シワ、美白、火傷跡、色素沈着、くすみ等に効果です。
※美容に関する診療は自費診療となります。
破線

緑の森皮フ科クリニック
札幌市中央区北2条西3丁目 朝日生命札幌ビル5F
Copycenter (C) ryokuseikai. All centers Reserved.
医療法人社団緑生会サイトマップ