緑の森皮フ科クリニック > 診療案内 > ホクロ除去


ホクロ除去

ほくろの治療はレーザによる治療が主になります。 1度で治療することは難しいため、数種類のレーザーで数回に分けて治療を行います。

ホクロの癌といわれる悪性黒色腫(メラノーマ)は大変悪性度の高い腫瘍で、一度発病すると死亡率 が非常に高い恐ろしい病気です。 以下のような変化が見られるようなら皮膚の専門医の診察を受け、場合によっては切除などの治療を受ける必要があります。
・左右が非対称である
・色素斑の辺縁が不規則で境界が一部不鮮明になったりしている
・色調に淡褐色から濃褐色、黒色までの濃淡がある
・急に大きくなったり、色が濃くなってきた場合




治療法




ウルトラパルスCO2レーザーで削った後に、色素に反応する数種類のロングパルスYAGレーザーを当て、その後症状に適したQスイッチ系のレーザーを照射します。


ウルトラパルスCO2レーザー ウルトラパルスCO2レーザー
水分に反応する特性を持っているため、色素がない部分の治療も可能です。 ウルトラパルスco2レーザーは熱が拡散する前に照射が終わるので、治療部位以外を傷つけることがありません。
ホクロや脂漏性角化症、イボなどの切除、傷跡やニキビ跡などの治療に効果的です。





Copyright (C) ryokuseikai. All Rights Reserved.
札幌市中央区北2条西3丁目 朝日生命札幌ビル5F   緑の森皮フ科クリニック