札幌市西区琴似の皮膚科・美容皮膚科。アトピー性皮膚炎、ニキビ、水虫、イボ、ホクロ、シミ、シワ、わき汗治療など幅広い診療を行っております。
森皮フ科クリニック
地図・診療時間 院長紹介 皮膚のQ&A ワキ汗治療、ミラドライ

  森皮フ科クリニック > 各種レーザー治療

レーザー治療


シミにはレーザーによって取れるものと、かえって目立ってしまうものがあります。
とれるものとしては老人性色素斑・ソバカス(雀卵斑)・日光性花弁状色素斑(海水浴後、肩にできる日光によるシミ)などがあります。

一方でかえって悪化する可能性のあるものとして、肝斑(皮膚の深いところのシミで、頬を中心に左右対称で見られやや青灰色をしている)や炎症後色素沈着症などがあります。これらの場合はシミ取りの外用薬(美白剤)や内服薬、あるいはピーリングなどで治療を行うことができます。


レーザー治療の注意点

Qスイッチは非常に照射時間が短く皮膚へのダメージが少ないレーザー機器です。
レーザー治療時の痛みは、ほとんどの場合麻酔を要さない程度の軽いものです。
治療後の注意点としては、サンスクリーン(日焼け止め)をまめに塗ることが必要です。その他、日常生活への支障はありません。

次にホクロですが、なんでも取ってよいということではありません。悪性黒色腫や皮膚癌、あるいはこれらの前駆症状である場合もあり、これらを鑑別する必要があります。したがって専門医の診断が必要で、全く問題のないホクロだけがレーザー治療の対象になります。

治療には炭酸ガスレーザーやQスイッチレーザーなどを用いて治療しますが、一度に無理に取らずに何回かに分けてじっくり取る方が跡を残さずきれいにとれます。


治療例

老人性色素斑 老人性色素斑 治療前写真
治療前
老人性色素斑 治療後写真
治療後

毛細血管拡張症 毛細血管拡張症 治療前写真
治療前
毛細血管拡張症 治療後写真
治療後

ホームページ記載の価格は全て税抜価格です。
一部、旧税率(5%)の税込価格が混じっておりますが、お会計時に新税率(8%)にてのご請求となりますので、ご了承ください。
森皮フ科クリニック
札幌市西区琴似1条4丁目笹川ビル2F
医療法人社団緑生会  サイトマップ  求人情報