札幌市中央区|緑の森皮膚科クリニック ボトックス注射
緑の森皮膚科クリニック 011-221-0002
一般皮膚科
美容皮膚科
メディカル痩身
クリニック紹介
地図・診療受付時間
皮膚の病気Q&A
メディア情報
 緑の森皮フ科クリニック > ボトックス注射(脇や手のひらの多汗症治療)

ボトックス

不快な汗を短時間で解消!!

ボトックスは、ボツリヌス菌から抽出された人体に無害なタンパク質の一種です。

美容治療ではシワ治療への適応が有名ですが、ボトックスには汗の分泌を支配する神経を遮断する作用もあり、多汗症の治療にも効果があります。
注射に使われる薬剤は、ボトックスビスタです。

注射の効果は約3〜4ヶ月程度となりますが、術後の傷跡や腫れなどの心配もほとんど無く、短時間で手軽に気になる汗の分泌を減少させることが可能です。
また、繰り返し注射を行うことで、エクリン汗腺を徐々に萎縮させる効果も期待できます。

多汗症とは?

人間のからだは、暑さや運動によって体温が上がりすぎることを防ぐため、必要に応じて汗をかき、かいた汗の蒸発とともに熱を発散するようにできています。

多汗症とは必要以上に多量の汗をかく病気で、全身に症状があらわれる「全身性多汗症」と脇の下や手のひら、足の裏など汗腺が密集している部位に症状があらわれる「局所性多汗症」があります。
発汗には個人差がありますが、暑さや運動などの他、精神的な緊張やストレスも原因となります。
多汗症 ケア

治療方法

気になる部位に麻酔クリームを塗布し、数分おいてからボトックス注射を行います。
治療は約10分程度で終了し、終了後はすぐにお帰りいただけます。
注射後の腫れや痛みはほとんどありません。

効果の持続期間は約3〜4ヶ月程度ですが、繰り返し注射を行うことによって汗腺が萎縮し、持続期間が長くなる場合がございます。

適応部位

脇・手のひら
※脇の治療では汗の分泌が抑えらることにより、「臭い」の軽減も期待できます。

治療に適さない方

・未成年者、妊婦、または妊娠している可能性のある婦人及び授乳婦
・全身性の神経節接合部の障害を持つ方 (重症筋無力症、ランバート・イートン症候群、筋萎縮性側索硬化症など)
・本剤の成分に対し過敏症の既往のある方
・ボツリヌス菌で過去に食中毒を起こしたことのある方
・筋弛緩剤及び筋弛緩作用を持つ薬剤を服用中の方

治療後の注意点

・妊娠する可能性のある女性は、投与中及び最終投与後2回の月経を経るまでは避妊してください。
 また男性は、投与中及び最終投与後少なくとも3ヶ月間は避妊して下さい。
・人によっては、注射後に赤味が出て青く内出血した状態になることがあります。


※美容に関する診療は自費診療となります。

無料カウンセリング 0120-460-470
緑の森皮フ科クリニック
札幌市中央区北2条西3丁目 朝日生命札幌ビル5F
Copycenter (C) ryokuseikai. All centers Reserved.
医療法人社団緑生会サイトマップ