緑の森皮膚科クリニック 011-221-0002
 緑の森皮フ科クリニック > エピペン(アナフィラキシー補助治療剤)
エピペン
特徴 PHOTO



アナフィラキシーとは、ハチ毒や食物、薬物等が原因で起こる急性アレルギー反応の一つです。
じんましんや皮膚が赤くなるなどの症状や、ときに呼吸困難やめまい、意識障害などの症状を伴うことがあり、血液低下等の血液循環の異常が急激にあらわれるとショック症状を引き起こし、生命を脅かすような危険な状態(アナフィラキシーショック)に陥ってしまう場合もあります。

エピペンとは?

「エピペン」はハチ毒アレルギーによるアナフィラキシー発現時の補助治療薬で、日本で初めての自己注射用エピネフリン注射液です。注射針が内蔵されており、安全キャップを外して大腿部に前外側に強く押しつけることにより簡便な自己注射を可能にしております。 処方には医師による診察が必要となります。

ハチ毒アレルギーとは、ハチに刺された時にハチ毒が体内に入って起こるアレルギー反応のことで、日本では毎年30人前後の方がショック症状により死亡しております。
ハチに刺された場合の症状は、局所の腫れからアナフィラキシーショックまで幅広くあり、ハチ毒にアレルギーのない方であれば痛み、かゆみ、発赤、腫れといった局所症状が表われる程度で、通常3日程度で消失します。
しかし、ハチ毒アレルギーの方には非常に強い反応が起こり、嘔吐、寒気、全身のじんましん等の全身症状から呼吸困難や意識障害などのショック症状が表われる場合もあり、時には死に至る場合もあります。
通常、アナフィラキシーが表われるのは刺傷後15分以内ですが、症状が表われるのが早い程、重症である傾向があるといわれています。

初めてハチに刺された場合でもアナフィラキシーを引き起こす場合があります。また、前回刺された時は局所症状で治まっていた場合でも、再度のハチ刺し事故でアナフィラキシーを起こす場合もあります。特に、前回刺された時の腫れが大きく広がり、すぐにひかないで数日間続いたような場合は通常に比べて危険性が高いと言われております。

過去にハチ刺し事故の経験がある方は一度、医師に相談しハチ毒の抗体の有無を調べてもらうことをお勧め致します。

※ エピペンの処方には医師による診察が必要となります。
※ エピペンはハチ毒によるアレルギーを治す薬剤ではなく、急なアレルギー反応(アナフィラキシー等)の症状を緩和する薬剤です。
※ エピペンは緊急時の補助治療薬であり、医療機関での治療に代わり得るものではありません。
 


エピペンの詳細についてはこちらのHPをご覧下さい 
http://www.epipen.jp




 緑の森皮フ科クリニック
札幌市中央区北2条西3丁目 朝日生命札幌ビル5F
Copyright (C) ryokuseikai. All Rights Reserved.
医療法人社団緑生会サイトマップ