【札幌 緑の森皮膚科クリニック】 AGA(男性型脱毛症)や女性の育毛、薄毛、抜け毛、ハゲなど頭髪のお悩みに、医療機関で行う最先端の毛髪再生治療HARG療法(ハーグ療法)。
緑の森皮膚科クリニック 011-221-0002
一般皮膚科
美容皮膚科
メディカル痩身
クリニック紹介
地図・診療受付時間
皮膚の病気Q&A
メディア情報
HARG療法(ハーグ療法)
 緑の森皮フ科クリニック > AGA(男性型脱毛症)や女性の薄毛治療 > HARG療法(ハーグ療法) 
 緑の森皮フ科クリニック > メンズエステ > AGA(男性型脱毛症)治療 > HARG療法(ハーグ療法)


HARG(ハーグ)療法とは

HARG療法(ハーグ療法)とは、世界各国における共同研究のもと開発された、
毛髪再生の有効成分をダイレクトに頭皮に与えていく治療法で、
医療機関でのみ施術が認められている発毛・育毛療法です。

すでにヨーロッパや韓国では多数の実績があり、その育毛・増毛効果や安全性が確立されています。
日本でもHARG療法(ハーグ療法)による医療毛髪再生治療が導入されました。

男性と女性ではホルモンの関係で毛髪の寿命にも違いがあり、通常男性で2〜5年、女性で4〜7年と言われ、その寿命の中で毛周期を繰り返します。この毛周期の中で新たに成長期に入る毛髪が少なくなると男性の場合はハゲ症状が見られるようになり、女性の場合は薄毛となるケースが多くあります。

HARG療法(ハーグ療法)のメカニズム
毛髪が育つ毛根部は「毛包」が主体となっています。毛包とは、毛穴よりも下にあり毛根を包んでいる袋状の組織のことで、 髪の毛が造り育てられていく過程で非常に大切な組織といえます。

HARG療法(ハーグ)では、毛髪再生に有効な「HARGカクテル」を皮膚の中に注入して、皮膚の中でサイトカインを誘導して成長因子を生み出すと言われています。
さらにこのサイトカインには皮膚組織の活性を上げる働きもあると報告されています。
(※)


人間の細胞は常に周りの細胞にシグナルを出して血液や体液から栄養を取り込んで成長をしています。
毛髪の元気が無くなるのは、成長する為の栄養が足りなくなる事が原因です。そのため栄養を直接補充してあげることが、効果的な毛髪再生方法となります。

HARG療法(ハーグ療法)では毛髪に成長因子を与えていきますが、成長因子は細胞間のシグナルの代わりをし、毛髪に栄養を呼び込んでくれます。 さらに再生された毛髪に定期的に成長因子を与えると細胞のシグナルを出し続けるため、元気な毛周期を繰り返す事が可能となります。

※日本医療毛髪再生研究会

適応症状
AGA(男性型脱毛症)や女性の薄毛・育毛・増毛・発毛・抜け毛・円形脱毛症・養毛・ヘアケア・禿げなど、頭髪全体のお悩みに有効
男性・女性を問わず、様々な原因によって起こる薄毛や脱毛症状について、 育毛・増毛効果が期待されています。

頭髪サンプルイラスト

治療方法
HARG写真 医療機関でのみ取り扱うことが可能な「HARGカクテル」をご用意いたします。

毛髪再生に必要な各種ビタミンやたんぱく質、アミノ酸成分など、 さまざまな成長因子が取り込まれている 「HARGカクテル」は、アレルギーの心配もなく、薬剤管理施設にて製造・管理されているため安全な薬剤です。
これを頭皮に直接投与することで、毛根まで有効成分を効率的に届け、増毛を促していきます。
カクテルの注入方法
医師の診断により、症状にあわせた投与法にて治療を行います。
施術時は麻酔を行います。

・ ナパージュ法(Napage method)
 頭皮の表皮部分に治療薬を細かく注射(Napage)することにより、毛包・毛包周囲組織に有効成分を行き渡らせます。

・ パピュール法(Papule method)
 表皮と真皮の間に治療薬を注入し、有効成分を行き渡らせます。
 ※上記注入法の組み合わせにより、カクテルを投与していきます。

治療について
治療は10〜20分ですが、消毒や麻酔時間を入れて1回2時間程度とお考え下さい。

症状などにより個人差がありますが、約3回程度で発毛効果が現れますが、育毛を促すために通常6回(1クール)の治療をお勧めしております。治療の間隔は3〜4週間です。
1クール(6回)が終了した毛髪再生効果がみられた後は育毛状態を保つためにも、2ヶ月に1回程度のフォローアップ治療に通院していただくことをおすすめします。

医療毛髪再生治療から生まれたドクターヘアケアシリーズ
シャンプー
シャンプー ¥5,800(税抜)
コンディショナー
コンディショナー ¥5,800(税抜)
ローション
ローション ¥8,800(税抜)

医療毛髪再生を研究する医師が作りました。
HARGヘアケアシリーズは医薬部外品(薬用)です。
他の薬用剤以上の効果を臨床テストにより検証しております。


トリプルHARG成分+β-グリチルレチン酸が髪に効く!

HARG Repair HG共通配合育毛成分
〜トリプルHARG成分〜

・オオバモクエキス 〜脱毛を防ぐ成分〜
国内で採取される海藻の一種ですが、テストステロン5αリタクダーゼと言われる成長期の元気な毛髪を破壊する因子を有意に阻害する(破壊する力を弱める)効果を持っています。 薬用HGヘアケア製品の特許配合です。

・イチョウエキス 〜発毛を促進する成分〜
イチョウエキスは、毛乳頭の増殖を促進する物質を含み、毛周期の中の休止期にある活性が落ちた毛乳頭細胞に働き 活性化して発毛を促進します。(バリカンで剃毛した部分の再発毛を175%増量しました。)

・クロレラエキス 〜毛髪を太くする成分〜
クロレラエキスは、血管内皮増殖因子(VEGF)の産生を促します。VEGFは毛乳頭細胞と毛母細胞の増殖を促すことが知られております。


〜その他〜

・β-グリチルレチン酸
脱毛の一つの要因である男性ホルモン(テストステロン)は女性にもみられ、テストステロン5αレダクターゼ酵素により毛髪を破壊するDHT(ジヒドロテストステロン)に変わり、脱毛が進みます。 Βグリチルレンチン酸はテストステロン5αレタクターゼ酵素の発生を抑える薬用成分です。

・ゲンチアナエキス
ゲンチアナエキス配合により、白髪が黒髪に変わる効果も期待出来ます。薬用HGヘアケアシリーズの単独試験に参加されたモニターさんの中では、増毛がみられ、白髪も軽減したと実感されている方がおられました。 (積極的にカラーリングされるものは無く、効果には個人差があります。)


販売はクリニックでのみ行っております。遠方の方はご相談ください。

Q&A
当クリニックは日本医療毛髪再生研究会より「HARG治療認定施設」として認定を受けています。
「日本医療毛髪再生研究会」は、HARG療法を日本国内で安全で効果的に患者様へ提供していくために発足しました。HARG療法についての研究会を定期的に行っていく研究会です。

Q&A
Q.HARG療法(ハーグ療法)は何回で効果が現れますか?
A.毛髪は成人で一日に約0.35〜0.4mm、1ヶ月後には約1.05〜1.2cm伸びることになります。
頭皮表面の毛穴から毛乳頭までは約3〜5mmありますので、毛髪が毛穴に到達するまでに約2週間、そこから毛周期に沿って産毛〜軟毛へと成長します。個人差がありますが、通常3回目の施術後から4回目の施術前あたりから効果を実感される方が多いようです。(月1回の施術で3〜4ヶ月目)

Q.HARG療法(ハーグ療法)前に、パーマやカラーリングは出来ますか?
A.パーマやカラーリングは治療開始の2週間以上前に済ませてください。
カットは施術から3日以上空けて下さい。

Q.HARG療法(ハーグ療法)の後、髪のセットや洗髪は出来ますか?
A.施術後はセットいただいて結構ですが、整髪剤(ムース・グロス・スプレーなど)は少なめにお使い下さい。またブラシなどで施術部位を引っかかないように注意下さい。
指や爪で施術部位を強く刺激しないように注意して洗髪して下さい。

Q.HARG療法(ハーグ療法)を受けて毛髪再生したらずっと生えたままですか?
A.毛髪を失われた原因にもよりますが、最短で2〜3ヶ月おきにフォロー注入します。安定しているようでしたら自己判断でも結構ですが、AGA(男性型脱毛症)ですと、6ヶ月間フォローしませんと又脱毛するケースがありました。

Q.HARG療法(ハーグ療法)で白髪は黒くなりますか?
A.科学的根拠としての検証は行われていませんが、黒くなる可能性はあります。

Q.他の治療と併用することは可能ですか?
男性型脱毛症(男性の薄毛・ハゲ)の場合は、フィナステリドやザガーロなどの内服治療を併用することでさらに治療効果が期待できます。
※女性へのプロペシアの処方は行っておりません。

当院ではお悩みや症状、ご予算に合わせた治療のご案内を行っております。まずは無料カウンセリングを受けられることをおすすめします。

無料カウンセリング 0120-460-470
緑の森皮フ科クリニック
札幌市中央区北2条西3丁目 朝日生命札幌ビル5F
Copycenter (C) ryokuseikai. All centers Reserved.
医療法人社団緑生会サイトマップ