ケミカルピーリング
正常なお肌は、基底層で生まれた表皮細胞が角質層に達し最終的に垢となってはがれ落ち周期が約28日間といわれています。しかし、その周期(ターンオーバー)が乱れると、古い角質がお肌の表面に徐々に厚く蓄積され、さまざまな皮膚トラブルの原因になります。

ケミカルピーリングとはAHA(アルファハイドロキシ酸)という酸を使い、皮膚の修復能力を活用して新しく軟らかい角質細胞を形成することにより、お肌を生まれ変わらせます。
AHAは、サトウキビ、ヨーグルト、りんごなど自然界にも存在する酸で、フルーツ酸とも呼ばれています。

治療は週に1回、計6回をワンクールとしております。

photo

乾燥肌 オイリーな肌はいつも油膜に覆われているので落屑が遅くなり、角質が厚くなって通過障害へと発展していきます。
ピーリングによって皮脂の詰まりを解消し、毛穴の通りを良くします。
シミ 細胞分裂が活発化し皮膚中の還元力も高まり表皮中にたまったシミの代謝が促進されます。軽度の色素沈着などは改善される可能性があります。
小ジワ 目じり、下まぶた、上唇の小じわは乾燥により角質が硬くなり、さらに新陳代謝の低下により角質が厚くなることで、皮膚の柔軟性が失われ発生します。
ピーリングにより余分な角質がとれ、皮膚表面が柔らかくなり小ジワが目立たなくなります。加齢が原因でおこるシワはコラーゲンの減少によるものなので、ピーリングによって真皮のコラーゲン生成に影響してシワを改善させます。
毛穴の汚れ 古い角質を除去し、新しい角質細胞が形成されることによって、美しいお肌に生まれ変わります。ピーリングによって毛穴の出口の角が取れてなめらかな肌になります。
くすみ 角質細胞が剥がれにくくなり、部分的に厚くなった状態です。原因となる角質を取り除くことによってくすみがとれるだけで皮膚が明るくなります。



治療の流れ
1 メイクや皮脂などの汚れを落とすため、洗顔します。
2 濃度を調整したAHA をお肌の状態を見ながら塗布し、数分間おいた後、拭き取ります。
3 お肌のほてりをおさえる為に、終了後はクーリングを行います。




治療時の注意点
・ピーリングを行う部位に皮膚炎等の炎症や、細菌やウイルス等の感染症がみられる方は治療が適さない場合があります。
・ピーリング後は角質の一部を除去して為に防御力が低下しています。紫外線の影響を受けやすくなっておりますので、外出時などは常に紫外線対策をしてください。
・治療後、少しひりひりした感じや赤味が残る場合があります。また肌の代謝が進み、肌が敏感になっている為ニキビができやすくなったり、かさかさしたりする場合があります。

※美容に関する診療は自費診療となります。
Copyright (C) ryokuseikai. All Rights Reserved.
北見市北2条西3丁目15番地   北見皮フ科クリニック